髪ツヤツヤになりたい管理栄養士から見た薬膳食材【血を補う食材リスト】

maison de megriの管理栄養士、まぐです。
昔、堀江(大阪ミナミのおしゃれな街←ざっくり)のカフェで友達と、「人間観察しながら素敵やなって思う人の共通点を探る」ってことをしたことがあるんです。むちゃくちゃ楽しくて、今もその日のことは定期的に思い出します。
そしてその共通点は…

「太っていない」痩せてりゃいいというより、無駄がない感じ。
「髪がツヤツヤ」絶対目がいく!!

という、結構当たり前なことを心の底から実感する、という結果になりました。やっぱりね、そうだよね。
その日は3人で髪ツヤツヤになるスプレーを買って帰ったのですが、今の私には薬膳があるっ!
今日は管理栄養士の私が、髪ツヤツヤの薬膳について考えることにします。太っていない体型&髪ツヤツヤを目標にして過ごしたいと思います!

管理栄養士的には、健康な髪って…

画像6

栄養学での髪の毛ツヤツヤと言えば、髪の材料となるたんぱく質(肉、魚、卵、豆など)をちゃんととる、が基本中の基本。
そしてそのたんぱく質の代謝を助けるビタミンA(緑黄色野菜など)ビタミンB6(青魚など)、ミネラルのの中でも亜鉛(牡蠣など)ももちろん必要。
逆に取りすぎ注意は、脂質。髪の毛ギトギトはやだものね。
日本人の食事は「摂りすぎ」「偏りすぎ」の問題が多いので、いろんなもの食べる、を意識するのが大切です。肉も魚も、野菜も魚介類も食べる&食べ過ぎない、が、ツヤツヤヘアーのためにできること。

薬膳の力も借りてブーストしよう!

漢方では、「髪は血の余り」と言って、けつが体に十分にあり巡っていたら髪にも栄養が巡ることでコシがあるツヤツヤヘアーになる、と考えられています。
また、薬膳では栄養学の「穀物・果物…」などの分類とは別に、その食材ごとの機能による分類があります。
そう、「血を補う&養う食材」という分類があるのです。
つまり、言い換えると「髪ツヤ食材」ってこと。ちなみに肌や爪も血が充分にめぐっていることでツヤツヤになるので、「全身ツヤツヤ食材」といってもいいでしょう。

栄養素のバランスもとれたらなお良しですが、先ほど申し上げた通り「いろんなもの食べる」が栄養バランスをとる基本なので、いろんなもの食べつつ、血を補う食材を取り入れられたら、ツヤツヤヘアーに最短距離で近づけるはずです。

で、血を補う&養う食材ってどれ?

血を補う食材を、スーパーの売り場の順にご紹介。
まずは野菜・果物売り場では枝豆、しめじ、にんじん、ホウレン草。季節が合えばブドウ。レーズンでも。

画像2

続いて鮮魚売り場では、あさり、牡蠣、イカ、タコ、いわし、サバ、ブリ、鮭、カツオ、まぐろ、タラ、すずき、太刀魚、うなぎ。時期によってあるものを選べばいいですね。缶詰でも◎

画像4

隣の精肉売り場では牛肉やあれば鴨肉鶏や豚のレバーもいいです。なんとなくイメージ通り。

画像4

そして嬉しいのが、乾物で血チャージ食材が多いこと。ストックできるのが嬉しい。
キクラゲ、ひじき、黒豆、黒ゴマ、松の実。松の実は薬膳っぽいですよね。笑 案外料理に使いやすいので、私はネットで買ってストックしています。スーパーだとちまっとしか売ってないから。ってか全体的に黒いな。黒い乾いたもの食べるべし。

画像4

そして最後に、!!これは嬉しい。とりいれやすい。

画像8

薬膳って完璧にやろうとするとややこしいんですが、まずは今の自分に必要な食材を無理なく選んで食べる&不要なものを食べ過ぎない」ことが基本なので、食材の分類を知るのは薬膳の第一歩なのです。

東洋医学と西洋医学のいいとこどり

栄養学と薬膳

こうやって並べてみると、案外重なる部分が多いことに気が付きます。たんぱく質、青魚、緑黄色野菜…。でも、現代の科学でビタミンなどの栄養素が解析される前から、経験則として髪ツヤツヤ食材を分類していたんだから、薬膳ってほんと面白いなぁと思います。

日本でもおばあちゃんの知恵袋には実は科学的根拠があるパターンとかありますよね。ちょっと今、例がさっと出てこないのだけど。(おいおい)

じゃあこの血を補う食材、どうやって食べる?レシピも考えていきましょう!
ちなみに睡眠も血を作る大事な養生!おやすみなさい。

参考書籍:薬膳食典 食物性味表 イラスト:いらすとや 

この記事を書いた人
編集長 まぐ(やまぐち あつこ)
現役ワインソムリエ、元病院管理栄養士。大阪在住の30代独身。
20代は病院、福祉施設、イタリアンバル、八百屋などで掛け持ちもしつつ馬車馬のように働き、30歳からソムリエとしてイタリアンレストランで勤務中。興味あること多すぎの器用貧乏。#まぐの台所

関連記事

一覧へ

カテゴリー

タグ

LINE

メゾンドメグリはLINE公式アカウントより
情報を更新しています。

LINE友達追加はこちら

CONTACT

ご依頼・ご相談はコンタクトフォームより
随時受け付けています。

お問い合わせフォーム